Loading
  • 株取引で利益が出たら確定申告したほうがいい?

記事一覧

富裕層は貴金属などの相続でも節税したい

富裕層の人が自己の財産を子供や孫に相続させる場合に大きな問題となるのが相続税になります。 財産を多く所有している富裕層であればあるほど、それらの財産を引き継がせるために、支払う必要がある税金の額は多くなっていきます。 相続税は原則的に引き継がれる遺産の価値が3600万円以上の場合に、支払わなければいけないものになります。 ですから、自分の持っている財産の価値を計算して、税金の対象になるのかをどうかをしっかりと確認しておく必要があります。 相続税の対象になるものは、亡くなった人が所有していた財産のもので、配偶者や子供に相続されるあらゆるものに及びます。 墓地や仏壇や、特定の条件を満たした退職金や保険金以外のものは、全て税金がかかります。 現金や株はもちろんのこと、富裕層の人が所有していることが多い貴金属なども、課税の対象となります。 趣味や投資目的で所有しているダイヤの指輪やジュエリーなども当然、課税の対象となり、指輪の価値などによって納付すべき税金の額も異なってきます。 こうしたジュエリーの価値が高ければ高いほど、支払わなければいけない税金の額も高額になってくるために、多くのジュエリーを所有している富裕層ほど、事前にしっかりとした対策が必要になります。 節税をこころがける上で知っておかなければいけなのは、税金の額を少なくすることができる各種の控除制度になります。 通常の場合には支払わなければいけない税金も、課税の対象になる人が条件を満たしている場合には、支払うべき税額から一定の金額が控除されて、税金をより減らすことができます。 こうした控除制度の一つに配偶者控除があります。 これは配偶者が相続人の場合に利用すると非常に便利な制度になります。 配偶者が遺産を引き継ぐ場合には、法定相続分と1億6千万円のうち少ないほうの金額が、税額から控除でさます。 そのために、価値の高い貴金属を大量に所有している富裕層も、配偶者がいて、その配偶者に貴金属を相続させるようにすれば、大幅に節税をすることができます。 こうした控除制度としては、その他に子供に対するものがあります。 亡くなった人の子供が20歳未満の場合には、その年齢に応じて一定の額が納税額から免除されます。 子供の年齢が若ければ若いほど、この控除の額は多くなり、子供の年齢が一歳減る事ごとに、控除の額も10万円ずつ多くなります。 そのために年齢の若い20歳未満の子供がいる富裕層は、これらの子供に貴金属を相続させるのも、節税のためには有効になります。 相続人が亡くなった場合に、自宅のリフォームなどをしなければいけない時には、多額の費用が必要になりますが、こうした方法を利用して節税をすることで、リフォームに必要な費用を捻出することができます。 住宅の建てられている土地自体にも課税されますが、土地に関する税金にも条件を満たせば適用される控除制度があるので減税できます。 相続税を減らす方法として一般的なものに、生前贈与をする方法もあります。 贈与をおこなう場合には、贈与税を支払わなければいけませんが、贈与がおこなわれた時期が、相続の時期から3年前の間の場合には、その間に支払った贈与税の額は、税額控除の対象になります。 ですから、生前に貴金属を贈与したり、貴金属を売却した現金を贈与することで、税額を少なくすることができます。 貴金属を売却して現金化する場合には、貴金属の価値をできるだけ正しく鑑定してくれる専門店に依頼することが必要になります。 ジュエリーの買取をしている専門店は多く存在していますが、同じジュエリーでも店によって買取額も大きく変わることがあります。 そのために、できるだけ高く買い取ってくれる専門店を探して、買取を依頼する必要があります。

もっと読む »

スマホで株取引ができる?おすすめの株アプリ

株取引を始める場合、証券会社を探す必要があり、そこで申し込みをし、さらに提携する銀行口座の情報を入力し、入出金できる状態にしなければなりません。 そして、身分証明書やマイナンバーの写し及び画像を提出し、審査を受けることも求められます。 申し込みをしてから数日間、長くて1週間程度で株取引を始められるようになります。 普通であれば、パソコンで操作し、そこでチャートや株価をチェックしながら株取引をします。 どの企業がオススメなのか、今がチャンスとなっている企業はどこなのか、今後の経済の動きや現在のニュースなど、情報収集もしなければなりません。 初心者であれば、何をどうすれば良いのか分からなくなり、適当に株取引をしてしまう可能性があります。 これでは損する確率が高くなり、挫折することになるでしょう。 パソコンを使って証券会社に登録し、そこで株取引をすることは一般的であり、当たり前であるイメージが強いです。 しかし、この方法は初心者にとって難しいので、もっとシンプルで取り組みやすいもの(システム)が理想的となります。 そこでオススメなのが株アプリの利用です。 アプリを利用するので、パソコンで操作するよりも比較的シンプルかつ楽です。 片手でクリック作業の操作ができるので、難しさは何一つありません。 情報もチェックしやすくなっており、最低限度の必要な情報のみを取り扱えるようになるでしょう。 アプリを利用する場合、それに対応している株式会社を選ばなければなりませんが、インターネット検索で簡単にチェックすることができるので問題はありません。 ここで注意しなければならないことは、最低取引額なので、自分の投資額を決めた上で証券会社及びアプリを選ぶ必要があります。 アプリが使えるという理由のみで証券会社を選択すると、取引最低金額が大きいため、結局断念することになることがあるので、取引条件等のお金に関する情報は見落とさないようにしましょう。 おすすめの株アプリ 証券会社の株アプリでオススメなのが、『スマホ証券』というものです。 ワンクリックで株取引することができるものなので、初心者にとってはかなり使いやすい仕様になっています。 取引最低金額が1000円と設定されているので、投資しやすい状態です。 そのため、投資予算額が小さくても問題はなく、お小遣いを稼ぐ感覚で利用すると良いでしょう。 毎日定期的に株や経済、企業の情報がメールで届くので、最低限必要な情報をチェックできる環境です。 自分から情報収集しなくても済むので、ほぼ負担は0と言えます。 ただし、『スマホ証券』で扱える株は限定されているため、様々な企業への投資は難しくなっています。 全て有名な外国企業への投資のみとなっているため、日本企業への投資ができなくなっています。 日本の投資は、日本の複数の企業をセットにしたプランに対してのみ有効なので、投資している感覚はほぼ0に等しいです。 そのため、外国企業への投資を主流としても良いのであれば、このアプリの利用はオススメです。 漫画形式で株取引の勉強や投資できる海外企業の誕生秘話などを学ぶことができます。 知らない状態での投資がないように工夫されているので、利用できるサービスはすべて利用しましょう。 投資できる有名な外国企業は、すべて誰もが知っているので、安心して投資することができます。 もし、知らない企業があるのであれば避けておき、知っている企業のみに集中すると良いでしょう。 そして、もしものためのリスク分散として、複数の企業へ投資するように心掛けておくと良いです。 このバランスを一目でチェックできるシステムが、『スマホ証券』には備わっています。 だから、偏りがないように投資することが可能です。

もっと読む »

外国株は株初心者でもおすすめ!

NISA(少額投資非課税制度)の枠が120万円まで増枠されたことが、投資家を増やすこととなりましたが、とくに投資家が増えた市場は株式投資やFX投資です。 FX投資は外国為替証拠金取引となり、外国通貨を日本円で購入する投資ですが、互いの通貨の価格差が利益になり、スワップポイントという金利差も受けられます。 FXの場合、レバレッジなしの取引では大きな利益が出ないことが多く、ただしレバレッジ取引となるとリスクも高くなります。 株の場合、株価変化により成長が見込め、増資や分割により大きく資産が増える可能性を秘めています。 リスクとしては急落や倒産などがあります。 インターネットトレードが主流となった2000年以降、手数料の低下からデイトレードを行う投資家が増え、同日取引時間内に売買成立し利ザヤのみを稼ぐという投資家も多く見られるようになりました。 株と言えば普通に日本株を想像するでしょうが、株には外国株もあります。 欧米市場、新興国市場などがあります。 初心者では外国株は難しいと考えがちですが、初心者でも外国株はそれほど難しくはありません。 外国株のメリットについてお話します。 外国株は市場での流動性が高いです。 例えば米国市場であれば、ダウ・ナスダック・S&P500 などがありますが、日本市場に比べれば圧倒的に上場企業が多く、グローバル規模の企業では収益率も高く、利益が出しやすいと言われています。 株の仕組みは日本株とほぼ同様で、現在はネット証券の取引であれば、取引ツールの充実からそれほど難しくはありません。 市場が広く流動性が高いことから大化け銘柄も多く存在します。 新興国株の場合は、先進国が注目する市場でもあるため、投資リターンが大きくなる可能性があります。 外日本株にも外国株にもリスクはあります。 取組前に十分にリスクを理解することと、必要な資金を余裕のある範囲で投資に回すことがリスクを回避した投資となるでしょう。 ここからはどの市場への投資が良いのかお話を進めてみます。 どの外国株がおすすめ? 外国株が初心者でも取り組めるということはこれまでにお話しましたが、いったいどの市場に投資をすればよいかわからないと言った人もおられるでしょう。 確かに、外国企業は日本企業と異なり、分かり辛いでしょう。 しかし、私たちの生活の中にはパソコンやスマートフォン、電気製品、自動車、海外製品利用される構成部品、テーマパークや大手小売りチェーンなど多くの海外企業があり、そのほとんどが株式市場に上場しています。 ただ、これらの企業の多くは欧米企業であり、新興国市場となると分かり辛いでしょう。 おすすめとしては米国市場です。 ダウ・ナスダック・S&P500です。 米国市場は日本の市場とある意味連動していると考えられ、米国市場の影響を大きく受けて、日本市場も価格変動を起こします。 さらに、日米は貿易が活発であり、電気製品や車などの構成部品には様々な日本企業がサプライヤーとして取引があります。 市場が世界一であることから値幅を大きく持ち、大きな利益が期待できます。 問題となるのは新興国市場です。 確かに新興国市場は今後の成長期待はできますが、企業情報が広く公開されていない場合があります。 財務公開情報が曖昧であったり、国家的に海外諸国に企業情報を公開しない場合もあります。 地政学リスクの影響を大きく受けるのも新興国市場です。 新興国市場に資金を投じる投資家はハイリスクハイリターンの投資に取り組むことも多く、市場が荒れることもあります。 財務内容にしっかりと目を向けて、安定したグローバル企業へ投資すれば安全性が高いと考えられます。 日本でもおなじみの米国企業は、日本法人が日本市場で上場していることもあり、日本でも情報が得やすいのでおすすめできる株の銘柄となります。 また、株初心者においては株式売買の精度を上げるトレーダーズブレインマーケットというものも活用するといいかもしれません。

もっと読む »

株式売買の確定申告の方法

株式売買をして利益を得た場合は、その会社が上場しているかどうかに関係なく、所得税の課税対象となっています。 そのため、予め証券会社に口座を開設して、源泉徴収による納税方法を選択していない限り、確定申告を行う必要があります。 所得税の確定申告は、課税対象となっている所得を得た年の翌年の2月16日から3月15日までの間に、最寄りの税務署に書類を提出する方法か、国税電子申告納税システムを利用する方法のいずれかを用いて申告を行います。 もし、3月15日が税務署の閉庁日と重なった場合は、次の開庁日が確定申告期間の最終日となります。 確定申告の期間に入ると、税務署は申告手続きをする人で混雑し、申告期間の終了が近づくにつれてその度合いが増していくので、税務署に書類を提出しに行く場合や、確定申告の方法で分からない点がある場合は早めに税務署へ行くようにしましょう。 株式売買で得た利益について書面で確定申告をする場合に必要となるのは、確定申告書、株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書、1年間の株取引の損益を確認できる書類、株式売買以外で得た収入を証明できる書類、所得控除や税額控除に関係する書類、個人番号確認書類、身分証明書です。 このうち、申告書と明細書は税務署や国税庁のホームページから手に入れることができるので、書面で申告する人は事前に手に入れておきましょう。 確定申告書には申告書Aと申告書Bの2種類がありますが、株式売買で得た利益について申告する場合は申告書Bの第一表から第三表を使用しなければなりません。 株式売買による利益は分離課税の対象となっているため、申告書Aは使用できないので注意が必要です。 株取引の損益を確認できる書類として税務署に提出するのは、年間取引報告書と呼ばれる書類です。 これは、確定申告をする年の1月中旬頃に証券会社から自宅に送付されるので、原本をそのまま用いましょう。 また、収入証明書類は会社員や公務員などは源泉徴収票を、非給与所得者は収支内訳書または青色申告決算書を用います。 個人番号確認書類と身分証明書については、個人番号カードを利用する場合は本人確認も一緒にできるため身分証明書は不要となりますが、その他の個人番号関係の書類を使う場合は運転免許証やパスポートなどから1点ないし2点選んで提出しなければなりません。 確定申告の書く内容は? 株式売買で得た利益を確定申告する場合の一般的な申告書作成方法について述べると、まず株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書を作成します。 手順は、最初に明細書の2面に株取引による収入金額と取得費、およびこれらの差額を取引をした証券会社ごとに年間取引報告書を見ながら記入し、その後合計金額を計算して欄内に記載します。 そして、2面に記載した合計金額を1面の収入金額や取得費などの欄に転記します。 計算明細書が完成したら、この書類と源泉徴収票、収支内訳書などを見て、申告書Bの第一表に収入額、所得金額、所得控除額を記入し、第二表に所得の内訳や、適用したい所得控除に関する事項を書き込んでいきます。 このとき、第一表の個人情報記入欄のすぐ下にある申告の種類の欄は、分離の部分を丸で囲むことと、青色申告納税者は一番左の青色と書かれている部分にも丸をつけることを忘れないようにしましょう。 この作業を終えたら、先に作成した計算明細書や第一表の記載内容を見ながら、第三表の収入金額、所得金額、税金の計算の各欄を埋めていきます。 第一表の税金の計算の欄に、算出した所得税額を記入すれば、あとは氏名、住所、性別、職業、世帯主と続柄、連絡先電話番号などといった個人情報を記入するだけです。 ここまでで書き漏らしている所がなければ、第一表から第三表までの表題部の空欄に申告年分を、スペース部分に確定の二文字を書き、第一表の左上に提出先の税務署の名称と提出日を記入します。 最後に第一表の氏名欄の右隣の部分に押印をすれば申告書は完成となります。 上記の方法は利益が出た場合の作成方法ですが、ケースによっては他の計算書類にも記入が必要となります。 もし、作成方法が途中でわからなくなってしまったら、税務署の職員か税理士に相談して解決をはかりましょう。

もっと読む »

株における税金の仕組みとは?確定申告で節税できる?

株式投資は近年増加傾向にある個人投資家が取り組む最初の投資商品になることが少なくありません。 特別な場合を除けば、証券会社などに開設する口座は特定口座と呼ばれる税金の計算を自動的に行ってくれるものを選択することが推奨されるでしょう。 この様な選択をすれば、煩わしい税金の計算や納付などを自動的に処理してくれますので非常に便利なのです。 多くの個人投資家がこの仕組みを活用することによって、快適な投資家ライフを楽しむことが出来るようになりました。 この株取引に関連する税金と言うものは制度の変化によって変わる仕組みのものですが、現在では利益に対して20%以上の高い課税が行われています。 源泉分離課税と言って給料などの様に収入に応じた税率の違いというものがありませんので、NISA口座などの特別な環境での取引でなければかなり重い税率であると言えるでしょう。 この様な仕組みについてはある程度の知識を持っておくことが推奨されます。 税金を少しでも少なくすることが出来る仕組みがあるのであれば活用しない手はありません。 例えば確定申告には条件によって株式投資に関わる税金を減らしてくれる仕組みが存在していますが、特定口座の便利さに甘えて確定申告をしないようにしていると恩恵を受けることが出来る条件が整っていたとしても、その恩恵を受けることが出来ない場合があります。 知識として知っておくということはとても重要であると言えます。 株式投資では、人によっては非常に活発な売買を行うことになりますので、税金の計算などは特定口座の仕組みに任せておいた方が良いと言えますが、その仕組みについては理解を深めておいた方が良いと言えるでしょう。 税金の節約については確定申告を行うことによって可能になる部分が少なくありませんので必要な知識については身に着けておくべきであると言えます。 具体的な仕組みを理解すればそれほど複雑なものではありませんので、メリットを感じることが出来るでしょう。 確定申告で節税する方法 株式取引を行う投資家の多くは、証券会社などが自動で税金の計算をしてくれる特定口座と呼ばれる仕組みを利用することになるのが一般的です。 そのため税金については自動的に天引きされるものであって自分で納めるものではないと考えている人も少なくありません。 ある意味ではその通りではありますが、一定の条件を満たしているのであれば確定申告をすることによって税金の節約をすることが出来ますのでしないという手はないでしょう。 確定申告と言うと非常に面倒に感じる人も少なくないと思われますが、その様な判断をする前に、確定申告によって得ることの出来るメリットについて正しく理解しておくことを推奨します。 特に知っておきたいのは、損失を発生させた場合の損益通算と言う仕組みについてです。 このことを知らないことにより、本来は支払わなくても済む税金が差し引かれているのだということを知れば考え方を改める人も出てくると言えるでしょう。 この仕組みは具体的には株の取引で損失を出した際に確定申告するものです。 損失を出した場合には当然納めるべき税金はありませんが、それでも確定申告をするメリットとしては今年発生した株の損失を向こう3年間で損益通算できるという仕組みにあります。 これは今年の損失と来年以降の利益を相殺することが出来るというものなのです。 今年確定申告をしておくと、来年発生した利益にかかる税金を今年の損失と相殺する形で支払わなくて済むというのがこの仕組みです。 株の利益にかかる税金は20%以上と非常に高いため、その恩恵は非常に大きいと言えるでしょう。 もしも損失が発生したのであれば確定申告をしないという選択肢はないと言えます。 損失が大きければ大きいほど、忘れずに確定申告をするようにしましょう。

もっと読む »

株の少額投資を長く続ければ儲けは出る?

株式投資を含め、世間には様々な金融商品がありますが、ある程度の元手が必要なものも多く、初心者には手が出しにくいものです。 そもそも数百万円などの投資資金が用意できない方も多いのではないでしょうか? そこで、数万円、あるいは10万円ほどで始められる少額投資について考えてみましょう。 例え少額投資でも、長く続けることで儲けを出すことは可能です。 短期間で儲けを出すのはギャンブルと同じ投機でしかなく、本来の株式投資は長期間にわたって行い、時間の流れを利益に繋げるのが正しいやり方なのです。 株式には配当がありますし、値動きがあります。 例えばバブル期には日経平均株価は30000円を超えたこともありました。 その頃に株を購入し、ただ保有しているだけでも長期の配当で黒字化は出来ているでしょう。 逆に2003年頃、もしくはリーマンショック後に購入した株は多くが数倍の価値になっています。 今後数十年かけて株価がどうなるのかは誰にもわかりませんが、倒産の心配が無い、いわゆる堅い銘柄に少額投資をし、下がれば追加購入、上がれば売却ということを繰り返していけば、配当も相まってかなりの儲けを出せるはずなのです。 また、儲けたお金を再投資することも重要です。 複利の効果は凄まじく、消費者保護の観点から借金には複利の概念が用いられないほどです。 例えば年利5%で運用できれば、単利では倍にするのに20年かかりますが、複利では15年に満たない期間で倍になります。 もし自身が初心者だと自覚している場合、一つのメソッドを徹底して実践しましょう。 これだけ上げれば売却など基準を作り、それを徹底します。 これから上がりそう、もしくは下がりそうという判断は必要ありません。 初心者である以上、恐らくそれは正しくない判断なのですから。 売買のタイミングを逃して後悔することもありますが、長期的には安定して利益を出すことができます。 会社に勤めていても収入が上がらず、老後の年金も不安な時代です。 時間をかけて資産を形成していきましょう。 少額投資を始めるのは若いほど良いです。 少額投資で儲けを生むためには優良株を見つける 少額投資には時間の流れを味方につけることが重要です。 そのためには倒産のリスクが少なく、安定して利益を出している会社に投資をすることが必要です。 優良株を見つけると言っても、初心者の方や経済に詳しくない方には難しいもの。 そこでいくつかの判断基準について考えてみます。 まず、東証一部上場企業の中で、時価総額が300位以内に入っている会社を選びましょう。 この企業規模がある段階で、仮に経営危機に陥った場合、大型倒産という形で社会全体に悪影響を及ぼします。 つまり社会全体で倒産を防ぐ体制ができているのです。 あくまでも原則ではありますが…。 また、この300社の中には私たちの生活に関係するインフラを担っている企業もたくさんあります。 そんな会社の株式の価値が無くなってしまうでしょうか?可能性はゼロではありませんが、限りなく低いです。 そんな会社の値動きに合わせて売買を繰り返せば高い確率で利益が出ます。 初心者の方、特にお金を儲ける野心が強い方が陥りがちなのは、テンバガー株を探し当てようとすることです。 雑誌などで取りざたされていることから狙う気持ちはわかりますが、プロでも簡単に先は読めません。 初心者の方が考え、判断していると思っていることは、ほぼ勘や当てずっぽうと差が無いのが現実です。 ポイントは、インフラ系、巨大企業、高配当です。 これらの会社に分散投資をすれば、その中の一社が低い確率で上場廃止になっても、他の企業も全てダメになることはありません。 絶対と言っても良いでしょう。 焦らずコツコツと、小さな利ザヤを積み上げて行くこと、利益を再投資していくことで数十年後には投資金額が数倍、もしくは10倍以上に膨らんでいるでしょう。

もっと読む »

株の注文方法の一つ逆指値とは?

株式取引とは、取引所に上場している企業の株式を売買することです。 安い価格で購入した株式を、より高い価格で売却して、売却益を狙うのが基本です。 しかし、あまり株価を確認せずに適当なタイミングで売買を行っても利益を出すことは難しく、逆に、大きな損失が発生することにもなりかねません。 売却益を安定して出すためには、買い注文や売り注文を、現在の株価を注視しながら適切なタイミングで行うことが重要です。 売買に使用する注文方法にはさまざまなものがありますが、特によく使用されるのはは、指値、成行、逆指値です。 それらの特徴をよく踏まえ、状況によってうまく使い分けることが大切です。 指値注文は、現在の株価よりも有利な方向の値段を指定して行う注文です。 具体的には、現在よりも株価が下がったときに購入したい場合、あるいは、現在よりも株価が上がった場合に保有銘柄を売却したい場合に使用します。 必ず指定した価格で約定しますので、価格を決めて売買したい場合に有効です。 これに対して、成行注文は値段を指定しない注文です。 この成行注文の特徴は指値注文よりも優先して注文が約定しやすい点にあります。 例えば、ある値段に多くの指値注文が並んでいる状態で指値注文を入れると、その新規の注文は既に存在する指値注文の後に回されます。 しかし、成行注文で発注すれば、指値注文よりも優先して約定することから、どうしても買いたい、あるいは、売りたい場合に有効です。 ただし、成行注文では値段を指定しないため、株価が大きく上下に変動している状況で成行注文を出した場合に、現在の値段からは大きく離れた価格で約定してしまう場合がある点には注意が必要です。 逆指値は、指値注文とは対照的に、現在の価格から不利な方向の価格を指定して発注する注文です。 ある銘柄を保有している場合に、仮に値段が下がっていっても、ある価格では売却しておきたいという場合に、逆指値が威力を発揮します。 具体的に逆指値注文の例を紹介 まず、ある銘柄を保有している場合の逆指値の使用例を説明しましょう。 既に含み益が出ている保有銘柄について、最低限の売却益を確保したい場合や、含み損が発生している銘柄について、これ以上含み損が膨らまないように、一定以下で損切りしたい場合に使用されます。 500円の株価で購入した銘柄について、現在の価格が700円であったとしましょう。 現状では200円分の含み益が存在することになります。 今後、株価が下落した場合でも、一定の売却益を確保しておきたい場合には、逆指値を600円として売り注文を発注します。 投資家心理として、現在含み益が出ている場合に株価が下落した場合、この下落は一時的で、また再び上昇するはずだ、と思ってしまうのが常です。 しかし、そのような希望通りに変動するとは限りません。 下落が一時的どころか下降トレンドの始まりであったとしたら、売りのタイミングを逃して売却益を得るどころか、含み損を抱えることにもなりかねません。 しかし、上の例のように逆指値を入れておけば、700円の株価が600円まで下落したときに、この注文が約定して自動的に売却されます。 つまり、下落しているときに売ろうか売るまいか悩んでしまうことがなく、最低限の売却益を確保することができます。 また、逆指値は新規銘柄を購入する場合にも有効です。 どうしても購入したい銘柄がある場合に、投資家心理からは、ちょっと下がったところで購入したくなり、指値注文を入れることが多くなります。 しかし、人気の銘柄で、しかも、株価が上昇トレンドを描いている場合には、少し下落することなく一直線に上昇してしまうことがあります。 この場合に指値注文を入れるのでは買い損ねしてしまいます。 その場合には、指値注文に加えて、現在の価格よりも少し高い値段で逆指値を入れておくことが有効です。 なお、現在よりもちょっと上昇したら成行注文を発注するという手もありますが、この場合は、株価が上昇してしまったときに購入をためらってしまう可能性が高いです。 迷って結局購入できなくなることも考えられるなら、逆指値を入れておくのが有効です。

もっと読む »

TOP