Loading
  • 株取引で利益が出たら確定申告したほうがいい?

株における税金の仕組みとは?確定申告で節税できる?

株における税金の仕組みとは?確定申告で節税できる?

株式投資は近年増加傾向にある個人投資家が取り組む最初の投資商品になることが少なくありません。
特別な場合を除けば、証券会社などに開設する口座は特定口座と呼ばれる税金の計算を自動的に行ってくれるものを選択することが推奨されるでしょう。
この様な選択をすれば、煩わしい税金の計算や納付などを自動的に処理してくれますので非常に便利なのです。
多くの個人投資家がこの仕組みを活用することによって、快適な投資家ライフを楽しむことが出来るようになりました。

この株取引に関連する税金と言うものは制度の変化によって変わる仕組みのものですが、現在では利益に対して20%以上の高い課税が行われています。
源泉分離課税と言って給料などの様に収入に応じた税率の違いというものがありませんので、NISA口座などの特別な環境での取引でなければかなり重い税率であると言えるでしょう。
この様な仕組みについてはある程度の知識を持っておくことが推奨されます。

税金を少しでも少なくすることが出来る仕組みがあるのであれば活用しない手はありません。
例えば確定申告には条件によって株式投資に関わる税金を減らしてくれる仕組みが存在していますが、特定口座の便利さに甘えて確定申告をしないようにしていると恩恵を受けることが出来る条件が整っていたとしても、その恩恵を受けることが出来ない場合があります。
知識として知っておくということはとても重要であると言えます。

株式投資では、人によっては非常に活発な売買を行うことになりますので、税金の計算などは特定口座の仕組みに任せておいた方が良いと言えますが、その仕組みについては理解を深めておいた方が良いと言えるでしょう。
税金の節約については確定申告を行うことによって可能になる部分が少なくありませんので必要な知識については身に着けておくべきであると言えます。
具体的な仕組みを理解すればそれほど複雑なものではありませんので、メリットを感じることが出来るでしょう。

確定申告で節税する方法

株式取引を行う投資家の多くは、証券会社などが自動で税金の計算をしてくれる特定口座と呼ばれる仕組みを利用することになるのが一般的です。
そのため税金については自動的に天引きされるものであって自分で納めるものではないと考えている人も少なくありません。
ある意味ではその通りではありますが、一定の条件を満たしているのであれば確定申告をすることによって税金の節約をすることが出来ますのでしないという手はないでしょう。

確定申告と言うと非常に面倒に感じる人も少なくないと思われますが、その様な判断をする前に、確定申告によって得ることの出来るメリットについて正しく理解しておくことを推奨します。
特に知っておきたいのは、損失を発生させた場合の損益通算と言う仕組みについてです。
このことを知らないことにより、本来は支払わなくても済む税金が差し引かれているのだということを知れば考え方を改める人も出てくると言えるでしょう。

この仕組みは具体的には株の取引で損失を出した際に確定申告するものです。
損失を出した場合には当然納めるべき税金はありませんが、それでも確定申告をするメリットとしては今年発生した株の損失を向こう3年間で損益通算できるという仕組みにあります。
これは今年の損失と来年以降の利益を相殺することが出来るというものなのです。
今年確定申告をしておくと、来年発生した利益にかかる税金を今年の損失と相殺する形で支払わなくて済むというのがこの仕組みです。

株の利益にかかる税金は20%以上と非常に高いため、その恩恵は非常に大きいと言えるでしょう。
もしも損失が発生したのであれば確定申告をしないという選択肢はないと言えます。
損失が大きければ大きいほど、忘れずに確定申告をするようにしましょう。

TOP