Loading
  • 株取引で利益が出たら確定申告したほうがいい?

富裕層は貴金属などの相続でも節税したい

富裕層の人が自己の財産を子供や孫に相続させる場合に大きな問題となるのが相続税になります。 財産を多く所有している富裕層であればあるほど、それらの財産を引き継がせるために、支払う必要がある税金の額は多くなっていきます。 相続税は原則的に引き継がれる遺産の価値が3600万円以上の場合に、支払わなければいけないものになります。 ですから、自分の持っている財産の価値を計算して、税金の対象になるのかをどうかをしっかりと確認しておく必要があります。 相続税の対象になるものは、亡くなった人が所有していた財産のもので、配偶者や子供に相続されるあらゆるものに及びます。 墓地や仏壇や、特定の条件を満たした退職金や保険金以外のものは、全て税金がかかります。 現金や株はもちろんのこと、富裕層の人が所有していることが多い貴金属なども、課税の対象となります。 趣味や投資目的で所有しているダイヤの指輪やジュエリーなども当然、課税の対象となり、指輪の価値などによって納付すべき税金の額も異なってきます。 こうしたジュエリーの価値が高ければ高いほど、支払わなければいけない税金の額も高額になってくるために、多くのジュエリーを所有している富裕層ほど、事前にしっかりとした対策が必要になります。 節税をこころがける上で知っておかなければいけなのは、税金の額を少なくすることができる各種の控除制度になります。 通常の場合には支払わなければいけない税金も、課税の対象になる人が条件を満たしている場合には、支払うべき税額から一定の金額が控除されて、税金をより減らすことができます。 こうした控除制度の一つに配偶者控除があります。 これは配偶者が相続人の場合に利用すると非常に便利な制度になります。 配偶者が遺産を引き継ぐ場合には、法定相続分と1億6千万円のうち少ないほうの金額が、税額から控除でさます。 そのために、価値の高い貴金属を大量に所有している富裕層も、配偶者がいて、その配偶者に貴金属を相続させるようにすれば、大幅に節税をすることができます。 こうした控除制度としては、その他に子供に対するものがあります。 亡くなった人の子供が20歳未満の場合には、その年齢に応じて一定の額が納税額から免除されます。 子供の年齢が若ければ若いほど、この控除の額は多くなり、子供の年齢が一歳減る事ごとに、控除の額も10万円ずつ多くなります。 そのために年齢の若い20歳未満の子供がいる富裕層は、これらの子供に貴金属を相続させるのも、節税のためには有効になります。 相続人が亡くなった場合に、自宅のリフォームなどをしなければいけない時には、多額の費用が必要になりますが、こうした方法を利用して節税をすることで、リフォームに必要な費用を捻出することができます。 住宅の建てられている土地自体にも課税されますが、土地に関する税金にも条件を満たせば適用される控除制度があるので減税できます。 相続税を減らす方法として一般的なものに、生前贈与をする方法もあります。 贈与をおこなう場合には、贈与税を支払わなければいけませんが、贈与がおこなわれた時期が、相続の時期から3年前の間の場合には、その間に支払った贈与税の額は、税額控除の対象になります。 ですから、生前に貴金属を贈与したり、貴金属を売却した現金を贈与することで、税額を少なくすることができます。 貴金属を売却して現金化する場合には、貴金属の価値をできるだけ正しく鑑定してくれる専門店に依頼することが必要になります。 ジュエリーの買取をしている専門店は多く存在していますが、同じジュエリーでも店によって買取額も大きく変わることがあります。 そのために、できるだけ高く買い取ってくれる専門店を探して、買取を依頼する必要があります。
TOP